アクネ菌がニキビに豹変するスイッチ

アクネ菌が好きなもの

アクネ菌は酸素が嫌いです。酸素のない毛穴の奥が大好き。そして大好物が酸化した皮脂や汚れ、メイクの残りなど。毛穴の奥に潜んでいても栄養がなければ活躍はできません。

 

しかし、洗顔が十分でないと、栄養となる汚れなどが残り、肌の乾燥で毛穴に詰まりやすくなるのでニキビが出来易い環境となります。

 

洗顔方法がアクネ菌の増殖のスイッチを押してしまうかもしれないのです。

 

 

泡洗顔で毛穴の奥まできれいにできる?
どんなにきめ細かな泡でも毛穴の奥の汚れをしっかり落とすのは難しいし、洗いすぎで肌に必要な皮脂まで落としてしまい肌のバリア機能を低下させてしまうようです。

 

バリア機能が低下すると水分量が不足し、肌もゴワゴワ、カサカサして毛穴が詰まりやすくなります。毛穴の奥にいるアクネ菌がニキビ菌として活躍しやすい環境になってしまいます。

 

汚れやニキビの原因菌が残っている肌に一生懸命保湿ケアをしても有効に働いてはくれません。ニキビケア専用の化粧品を使ってもあまり効果を感じられないのは、このためです。

 

ニキビスイッチを押さない洗顔方法と潤いを保つ保湿。ここをしっかり押さえることでニキビを改善し、ニキビの出来にくい肌に若返りしてください。