赤ニキビは色素沈着、ニキビ痕の可能性!

色素沈着、ニキビ痕の改善

赤ニキビができてしまうと、色素沈着やニキビ痕の可能性が出てくるので、注意が必要です。

 

赤くなっているということは、炎症が起こっているということです。

 

炎症が起こっている部分が、皮膚の表面のうちは良いのですが、皮膚の深い部分にまで炎症が達すると、ニキビ痕となってしまうことがあります。

 

ニキビ痕は、凸凹になってしまったり、色素沈着が起こったりと、外見的に目立つことが多いので、極力避けるようにする必要があります。

 

色素沈着や肌の凸凹は治すのに相当の期間がかかってしまいます。色素沈着は、1年以上治らないこともあり、治療方法も難しいです。

 

ビタミンCをこまめに肌に与えるようにしたり、肌のターンオーバーを早めたり、場合によってはレーザー治療やピーリング治療を受ける必要も出てきます。

 

日焼けには厳重注意!
色素沈着を起こしている部分は、太陽の熱を吸収しやすいので、その部分が日焼けすると、将来的にシミになってしまうことも多いのでより注意しなければいけません。

 

シミができてしまうと、一筋縄では治療ができなくなってしまうので、色素沈着が起こっている時には、なるべく日焼けは避けるようにする必要があります。

 

最近では、色素沈着が起こった時に飲む内服薬なども出てきています。薬局に行くと、ニキビ対策薬や、色素沈着を改善してくれる薬も売られているので、それらを試してみるのも一つの方法といえるでしょう。

 

しかし、なるべくなら、赤ニキビができた時点で、色素沈着や肌の凸凹になるまで悪化させないことが一番です。しっかりと保湿を行なったり、余分な皮脂を落すなどして、赤ニキビの悪化を防ぐようにすると良いです。

 

正しい洗顔方法と保湿ケアで肌を若返りさせていきましょう。