大人ニキビがなくならないわけ

大人ニキビはなおりにくい?

大人ニキビがなくならないわけは、色々な要因があります。まず、自然な老化で肌の水分が大人になるほど不足してくるという点が挙げられます。

 

肌に水分が不足していると、肌が乾燥し、皮脂が出やすくなったり、ニキビができやすくなったりします。

 

大人ニキビの対策に保湿が重要というのも、肌の水分量が不足すると肌のバリア機能が低下してしまうのを防ぐため。

 

肌のターンオーバーが遅くなり、毛穴をふさぎニキビの好きな環境を作ってしまいがちなのも大人ニキビがなかなか治らない原因です。

 

加齢、ストレスや生活習慣でホルモンバランスがくずれ過剰な皮脂の分泌や免疫力が低下するのも原因。

 

生活習慣が原因であったりした場合、生活習慣を変える必要がありますが、睡眠時間など、長年行ってきた習慣はなかなか変えることができません。

 

洗顔料なども愛用している品があると、変えるのがためらわれたりしますし、洗顔方法なども間違ったままにしがちです。

 

いくら肌のケアを行っても、様々な原因を減らすことができないと、なかなか早く治癒させることができません。

 

食事に気を配ったり、生活習慣を見直す、紫外線を出来るだけさける、正しい洗顔をする、と言ったことにも注意しましょう。