思春期ニキビ

思春期ニキビ

思春期ニキビは、成長ホルモンが大量に分泌されることが原因です。

 

思春期は、成長期にあたるので、体から成長ホルモンが多く分泌されます。この成長ホルモンは、皮脂線に刺激を与え、皮脂を多く分泌します。

 

結果的に、皮脂が多く出ることから、ニキビになりやすく、思春期はニキビができやすいという仕組みです。

 

運動した時にかいた汗はこまめにふき取り、洗顔をするとよいでしょう。

 

毛穴が汗や汚れで詰まりやすいうえに、皮脂の分泌が多いので思春期の間はすぐにニキビができてしまいがちです。

 

 

思春期ニキビの保湿ケアは必要か?
最近は若いころから洗顔や保湿等、スキンケアの習慣も普通になってきているようですが、注意点としては、大人ニキビと同じように化粧水を使うかどうかという点です。

 

大人ニキビの場合には、乾燥が主な原因なので保湿が非常に重要な要素ですが、思春期ニキビの場合には、保湿を行うと逆効果となることもあります。

 

若い人の肌は、十分水分が満たされており、それほど乾燥してしまうということが少なく、乾燥してしまっても、すぐに水分が補充されるので、あまり頻繁に保湿ケアはしない方が良いでしょう。

 

逆に保湿ケアをして、自然と備わっている肌の保湿機能が低下してしまうなどの弊害が出ることもあるので、注意が必要です。